小児の臓器移植および免疫不全状態における予防接種ガイドライン2014

発売日 :2014年10月17日
監修 :日本小児感染症学会
(協力学会:日本移植学会、日本小児栄養消化器肝臓学会、日本小児外科学会、日本小児血液・がん学会、日本小児腎臓病学会、日本小児リウマチ学会)
作成 :「小児の臓器および免疫不全状態における予防接種ガイドライン2014」作成委員会
ISBN :978-4-87794-167-3
価格 :本体2,900円+税

①宿主の免疫応答が低下しているためにワクチンの効果が十分にあがらない可能性がある。②接種された微生物が増殖する生ワクチンでは弱毒株といえども副反応を生じる場合がある。③基礎疾患や病期・重症度・治療状況・投与薬剤などにより免疫低下の内容や程度が異なる。臓器移植や免疫不全状態の児に予防接種を行うには上記の留意点を踏まえる必要があります。本書はきわめて限定的な条件の上に作成されていますが、目次にあるように状態・疾患ごとに設定された各「Clinical Question」に対して、「ステートメント」とともに「推奨グレード」、「背景・目的」、「解説」が記載されています。最新知見に基づく解説は示唆に富んでおり、接種の対象が困難な状況にある児だけではなく健常な小児への接種においても参考になると考えられ、ワクチンを接種する機会を有する医師にとっては必携の書と言えます。

ご購入はこちら

書籍一覧に戻る