皮膚病診療 臨床医のための皮膚病総合雑誌

  • 月刊のご購入はこちら
  • 増刊号のご購入はこちら
  • 年間購読はこちら

医療専門月刊誌『皮膚病診療』

創刊42年目のリニューアル

「臨床医のための皮膚病総合雑誌」として、
皮膚病領域の最新情報や、皮膚病診療の面白さ・奥深さを、
より実践的・多角的にお伝えします。

判型をA4判に拡大、文字やカラー写真も大きくなりました。
テーマ別に編集委員が厳選した症例報告も、より見やすく。

新企画・新連載スタート!
・皮膚科医のワークライフバランス・エッセイ
・開業医の方に知っていただきたい最新知識 等

サイズが大きくなり、オールカラーになりますが、本体価格は据え置きです。

2020年 特集テーマ
vol.42 no.1(2019年12月25日配本) 日常に潜む接触皮膚炎
vol.42 no.2(2020年1月25日配本) 見逃してはいけない薬疹
vol.42 no.3(2020年2月25日配本) 医療現場における皮膚障害
vol.42 no.4(2020年3月25日配本) よくみる疾患 common skin disease
vol.42 no.5(2020年4月25日配本) これだけは知っておきたい間葉系腫瘍
vol.42 no.6(2020年5月25日配本) むずかしくない血管炎
vol.42 no.7(2020年6月25日配本) 小児のアレルギー性皮膚疾患 最近のトレンド
vol.42 no.8(2020年7月25日配本) 新しい角化異常症の世界
vol.42 no.9(2020年8月25日配本) 乾癬は奥深い
vol.42 no.10(2020年9月27日配本) 新時代を迎えたアトピー性皮膚炎
vol.42 no.11(2020年10月25日配本) 潰瘍をきたす疾患
vol.42 no.12(2020年11月25日配本) 冬の皮膚病
vol.42増刊号(2020年12月配本予定) 形態と皮膚(仮)
  • *テーマは予告なく変更することがございます。
    *順次更新していきます。
  • バックナンバー索引 Vol23(2003年)以降

次号予告

Vol.42, No.10 新時代を迎えたアトピー性皮膚炎

Editorial Ruiterの血管炎 山本俊幸
展望 アトピー性皮膚炎の今後,期待される治療法 佐伯秀久
Topics アトピー性皮膚炎患者におけるデュピルマブ関連結膜炎;Dupilumab associated conjunctivitis 勝田倫江
統計 当科におけるアトピー性皮膚炎62例に対するデュピルマブの有効性および安全性の検討 福田英嗣ほか
研究 タクロリムス軟膏でなぜ痒くなるのか 大塚篤司
私の視点 皮膚の色:在沖軍人のBCCと乾癬 高橋健造
知って得する最新情報 アトピー性皮膚炎の最新の生物学的治療薬 向井秀樹
私のワークライフバランス ワーク・ライフ・バランス(WLB)&アンバランス(WLU)のバランス感覚 岸本和裕
医療事故の対策と問題点 長期ステロイド薬による緑内障を生じた例 向井秀樹
皮心伝心 逃げずに踏みとどまり,見届ける 原田和俊

皮膚病診療 編集委員

斉藤 隆三(委員長) 元・東邦大学医療センター大橋病院皮膚科教授
向井 秀樹 東邦大学医療センター大橋病院皮膚科 前教授
浅井 俊弥 横浜市・浅井皮膚科クリニック 院長
山本 俊幸 福島県立医科大学皮膚科 教授
馬場 直子 神奈川県立こども医療センター皮膚科 部長

西岡 清 東京医科歯科大学名誉教授

ページトップへ