業務紹介

書籍一覧

  • ROMEⅢ 日本語版

    ROMEⅢ 日本語版

    • 発売日 :2008年10月
    • 監訳 :福土審/本郷道夫/松枝啓
    • ISBN :978-4-87794-108-6
    • 税込価格 :4,938円
    • 判型 :A4変型判

    日常診療全体でよく出会う、注目の疾患群が機能性消化管障害です。ROME Ⅲには最新のエキサイティングな内容が満載で、世界の共通言語といえます。国際診断基準のROME Ⅲで、消化器の機能面を熟知しましょう。発行元であるDegnon Associatesとの正式契約のもとで翻訳出版しています。


  • 嫌気性菌感染症診断・治療ガイドライン2007

    嫌気性菌感染症診断・治療ガイドライン2007

    • 発売日 :2007年6月1日
    • 作成 :日本化学療法学会/日本嫌気性菌感染症研究会
    • ISBN :978-4-87794-095-9
    • 税込価格 :3,087円
    • 判型 :B5判

    世界的にも嫌気性菌感染症にフォーカスしたガイドラインは存在しておらず、本書は非常に画期的なガイドラインです。嫌気性菌は分離・培養・同定が難しく、日常診療では軽視されがちですが、嫌気性菌の関与が疑われる感染症は決してまれではありません。日常診療の参考とするだけでなく、理解を深める教育的テキストとしてもぜひご活用ください。


  • 心身症診断・治療ガイドライン2006

    心身症診断・治療ガイドライン2006

    • 発売日 :2006年5月25日
    • 監修 :小牧元/久保千春/福士審
    • ISBN :4-87794-075-8
    • 税込価格 :3,600円
    • 判型 :B5判

    本書は、厚生省・厚生労働省の精神・神経疾患委託費による心身医療関係班の長年にわたる持続的かつ精力的研究活動の成果であり、2002年の第1版の改訂版です。心身症の病態を呈する代表的な疾患・領域である過敏性腸症候群、functional dyspepsia、アトピー性皮膚炎、気管支喘息(成人・小児)、緊張性頭痛、片頭痛、心身的愁訴を有する不登校に、摂食障害、糖尿病、高血圧、更年期障害を網羅しています。各疾患に関する疾患概説、心身医学的因子と評価、診断・治療ガイドラインなどの解説に加えて、典型的症例や患者/家族説明文書例、専門医に紹介するポイントなどが紹介され、心身症患者を診断治療する医師にとって心強いサポーターとなる一冊です。


  • 抗菌薬使用のガイドライン

    抗菌薬使用のガイドライン

    • 発売日 :2005年10月27日
    • 作成 :日本感染症学会/日本化学療法学会
    • ISBN :978-4-87794-070-6
    • 税込価格 :3,600円
    • 判型 :A4判

    抗菌化学療法は他の薬物療法と異なり、病原微生物という外敵がターゲットです。病原微生物は抗菌薬の使用や周囲環境に応じて日々変化するため、状況に見合った薬剤選択を常に考慮する必要があります。本書はこのように標準化が難しい抗菌化学療法について、臨床医が効果的な薬剤選択ができることを目標に編纂されており、日常診療の一助としてぜひともご活用ください。


  • 神経免疫疾患治療ガイドライン

    神経免疫疾患治療ガイドライン

    • 発売日 :2004年6月24日
    • 監修 :日本神経治療学会・日本神経免疫学会合同
      神経免疫疾患治療ガイドライン委員会
    • 作成 :-
    • ISBN :978-4-87794-057-7
    • 税込価格 :3,240円
    • 判型 :B5判

    日本神経治療学会と日本神経免疫学会との共同作業によって作成した重症筋無力症、自己免疫性末梢神経症(ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー)および多発性硬化症の治療ガイドライン。推奨度、強い言い回し、アルゴリズム的記述は意図的に避け、ひとりひとりの治療方針について、できるだけ最適なエビデンスを探すお手伝いをすることを目的としている。B5判、186ページ、本文2色刷り。

ページトップへ