業務紹介

書籍一覧

  • ウイルス肝炎感染防止ガイドライン

    ウイルス肝炎感染防止ガイドライン

    • 発売日 :2016年1月27日
      (一般販売開始日:3月24日)
    • 監修 :四柳 宏
    • ISBN :978-4-87794-177-2
    • 価格 :本体1,900円+税
    • 判型 :B5判 103ページ アジロ無線綴じ

    肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、慢性肝炎、肝硬変、肝がんに罹患しても症状が現れないことが少なくありません。わが国では慢性肝疾患の多くがウイルス肝炎ですが、肝炎ウイルスに感染すると排除することが容易ではないため、感染を防止することが重要です。そこで、ウイルス感染を防止するための知識をより広く普及するために、厚生労働省研究班の「日常生活の場でウイルス肝炎の伝播を防止するためのガイドライン(一般の方向け)」「保育の場において血液を介して感染する病気を防止するためのガイドライン―ウイルス肝炎の感染予防を中心に―」「高齢者施設における肝炎対策のガイドライン」の3編を1冊にまとめました。ウイルス肝炎の基礎から実社会での予防法まで正しい知識を習得できるガイドラインです。


  • 川崎病の基本

    川崎病の基本

    • 発売日 :2015年5月19日
    • 総監修 :川崎富作
    • 監修 :濱岡建城⁄上村 茂
    • 作成 :日本川崎病学会
    • ISBN :978-4-87794-168-0
    • 価格 :本体1,500円+税
    • 判型 :B5判、本文83ページ

    1967年(昭和40年)に川崎富作先生が「指趾の特異的落屑を伴う小児の急性熱性皮膚粘膜淋巴腺症候群:自験例50例の臨床的観察」(アレルギー 1967;16:178)を報告されて以来、川崎病の診療と研究が続けられてきた成果が集約された。第31回日本川崎病学会学術集会の教育セッション「川崎病の基本から見直す」をベースとしてまとめられており、病因、疫学、病理、診断、検査、心臓血管系の合併症、治療、管理まで“川崎病の基本”を知ることができる。年間1万例を超える発生数がある川崎病の、原因追求の歴史から急性期治療の飛躍的な向上に至るまで、わかりやすく解説されている。


  • 小児の臓器移植および免疫不全状態における予防接種ガイドライン2014

    症小児の臓器および免疫不全状態における予防接種ガイドライン2014

    • 発売日 :2014年10月17日
    • 監修 :日本小児感染症学会
      (協力学会:日本移植学会、日本小児栄養消化器肝臓学会、日本小児外科学会、日本小児血液・がん学会、日本小児腎臓病学会、日本小児リウマチ学会)
    • 作成 :「小児の臓器および免疫不全状態における予防接種ガイドライン2014」作成委員会
    • ISBN :978-4-87794-167-3
    • 価格 :本体2,900円+税

    ①宿主の免疫応答が低下しているためにワクチンの効果が十分にあがらない可能性がある。②接種された微生物が増殖する生ワクチンでは弱毒株といえども副反応を生じる場合がある。③基礎疾患や病期・重症度・治療状況・投与薬剤などにより免疫低下の内容や程度が異なる。臓器移植や免疫不全状態の児に予防接種を行うには上記の留意点を踏まえる必要があります。本書はきわめて限定的な条件の上に作成されていますが、目次にあるように状態・疾患ごとに設定された各「Clinical Question」に対して、「ステートメント」とともに「推奨グレード」、「背景・目的」、「解説」が記載されています。最新知見に基づく解説は示唆に富んでおり、接種の対象が困難な状況にある児だけではなく健常な小児への接種においても参考になると考えられ、ワクチンを接種する機会を有する医師にとっては必携の書と言えます。


  • ≪日本医師会生涯教育シリーズ≫ 感染症診療update

    症例に学ぶ呼吸器疾患―診断のポイント

    • 発売日 :2014年10月15日
    • 監修 :河野 茂・跡見 裕
    • 編集 :岩田 敏・岩本愛吉・大曲貴夫・齋藤昭彦・竹末芳生
    • 発行 :日本医師会
    • ISBN :978-4-87794-166-6
    • 価格 :本体5,500円+税
    • 判型 :B5判、本文424ページ

    感染症は日常で最も遭遇する疾患でありながら、その全貌はいまだわれわれに明かされていない。近年、新興感染症が報告されると同時に、既知の微生物でも、超多剤耐性結核などのように薬剤耐性による治療薬の枯渇、エボラ出血熱の流行のように医療以外の環境への配慮など、再興感染症による問題も常に世界のどこかで発生している。 それでもわれわれは感染症による死亡は根絶できると信じている。まず第一歩として、本書では、「診療の場でよく耳にするキーワード・キーフレーズ」を中心にして、すぐに使えるよう内容の編集を行った。診療のなかで気になった新たな疾患概念の名前や、微生物名を手がかりに、本号を紐解いて役立てていただけるようにとの配慮からである。 忙しい診療のなかで、本号が読者の方々の実務に際して生かされるリファレンス、そしてマニュアルとなることを心から祈っている。

    (本書は日本医師会生涯教育シリーズ―87[日本医師会雑誌 第143巻・特別号(2)/ 平成26年10月15日刊]をそのまま単行本化したものです)

    目次はこちら


  • 重症心身障害看護・介護ガイドライン2013

    重症心身障害看護・介護ガイドライン2013

    • 発売日 :2013年3月27日
    • 監修 :岩永知秋/井手野由美子
    • 作成 :国立病院機構福岡病院看護・介護ガイドライン作成委員会
    • ISBN :978-487794-156-7
    • 価格 :本体4,000円+税
    • 判型 :A4判

    西間三馨先生が2009年に監修した「重症心身障害児(者)看護ガイドライン2009」の改訂版。障害者自立支援法に基づく療養介護移行が2012年4月から開始されましたが、本書は2006年から療養介護体制に移行した福岡病院が2005年から導入した介護士の役割についてもページを割いており、重症心身障害の医療や看護に関する実績・経験から生まれた多くの工夫が紹介されています。今後出てくるであろう種々のテキストの礎石となることを目指して作成されました。全国の重症心身障害の患者さんを看護・介護される施設などでご活用いただける内容になっています。


  • 定位・機能神経外科治療ガイドライン 第2版(2013年)

    定位・機能神経外科治療ガイドライン 第2版

    • 発売日 :2013年1月17日
    • 監修 :片山容一/伊達勲/栗栖薫/齋藤洋一/難波宏樹
    • 作成 :日本定位・機能神経外科学会
    • ISBN :978-4-87794-152-9
    • 価格 :本体2,500円+税
    • 判型 :A4判

    第1版(2007年)以降、きわめて進歩の著しい定位・機能神経外科の技術的な側面と、医療技術の進歩に伴って変化する治療の側面を、最新の知見をもとにして全面的に見直され、改訂されました。パーキンソン病や振戦をはじめとして、ジストニア、脳卒中後付随意運動症、難治性疼痛、痙縮、そして定位脳手術の合併症に関して、推奨グレードがエビデンスレベルとともに解説されています。病態が複雑で一般的な枠組みの中で扱うことが困難な症例が多いことを前提にエビデンスが吟味され、その多くが明快に推奨されています。


  • 家族と専門医が一緒に作った 小児ぜんそくハンドブック 2012年改訂版

    家族と専門医が一緒に作った 小児ぜんそくハンドブック 2012年改訂版

    • 発売日 :2012年9月15日
    • 監修 :西間三馨/西牟田敏之/森川昭廣
    • 作成 :日本小児アレルギー学会
    • ISBN :978-4-87794-149-9
    • 価格 :本体1,500円+税
    • 判型 :B5判

    ぜんそくの診療ガイドラインの普及に伴って、ぜんそく発作による救急入院や学校の欠席率が改善し、さらに死亡や長期入院が顕著に低くなっています。ただし、疑問点などを尋ねようと思っても受診時の医師や看護師さんはとても忙しそうで話しかけられないことが多いものです。そこで、日本小児アレルギー学会は、患者さんやご家族が読んで分かりやすいように、患者・支援者団体から作成委員を選び、一般の方々向けの診療ガイドラインを作成しました。ぜんそく診療の進め方や日常での注意するポイントなど、患者さんやご家族が知りたい内容が、医師向けのガイドラインをベースに、余すところなく盛り込まれています。


  • 深在性真菌症 病理診断アップデートレビュー

    深在性真菌症病理診断アップデートレビュー

    • 発売日 :2012年3月1日
    • 監修 :渋谷和俊/久米光
    • 編集 :安藤常浩/井手忠/伊藤誠/木村雅友/宮崎義継/若山恵
    • ISBN :978-4-87794-145-1
    • 価格 :本体2,000円+税
    • 判型 :B5判

    多くが日和見感染として発症する深在性真菌症について、病理診断の要点を酵母と糸状菌に分けて解説し、その補助法の開発と代表的染色法も紹介。また、真菌症の経年的推移から臨床的諸相とその問題点、病態や病理形態を反映する画像も盛り込み、臨床の現場にいる先生だけでなく、これから病理診断医を志す医学生にも手にとって欲しい1冊です。


  • The Color Atlas of Disorders of Keratinization SECOND EDITION

    The color atlas of Disorders of Keratinization SECOND EDITION

    • 発売日 :2011年7月
    • Chief Editor :OGAWA Hideoki
    • Honorary Editor : ISHIBASHI Yasumasa
    • Editors:KITAJIMA Yasuo/OTSUKA Fujio/HASHIMOTO Takashi/MANABE Motomu
    • ISBN :978-4-87794-138-3
    • 価格 :本体4,700円+税
    • 判型 :A4判

    角化症研究の最前線を網羅したカラーアトラス。魚鱗癬、紅斑角皮症、掌蹠角皮症などの臨床像、病理組織像を総合的に紹介するほか、角化疾患の分類と治療についても解説する。2011年にDennis R. Roop (Colorado Univ.)、Heiko Trafupe (Munich Univ)のInvited Reviewを加え8年ぶりに大幅な改訂増補を行なった。


  • 小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011

    小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011

    • 発売日 :2011年5月14日
    • 監修 :西間三馨/眞弓光文/近藤直美
    • 作成 :日本小児アレルギー学会
    • ISBN :978-4-87794-139-0
    • 価格 :本体2,000円+税
    • 判型 :A5判

    季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)はいうに及ばず、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎など小児のアレルギー疾患は、発症年齢の低年齢化や診断の難しさ、そして治療・管理の難しさにおいて大きな社会問題となっています。小児ではアレルギー疾患の合併が多いうえに早期治療がきわめて重要であることから、小児のアレルギー疾患に特化した総合ガイドラインが求められていました。日常診療で頻度の高い主な4つのアレルギー疾患(喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー)のガイドラインから小児部分を抽出し、手に取りやすいようにコンパクト(A5判)にまとめました。

ページトップへ