「脳卒中治療ガイドライン2015」転載許諾申請方法について

「脳卒中治療ガイドライン2015」の内容を営利目的で二次利用する場合は、転載許諾申請が必要です(有償)。
下記にて申請をお願いします。なお、学術目的、報道等で二次利用する場合の申請は不要ですが、必ず出典を明記して下さい。


許諾申請の流れ

1)下記転載許諾申請書に必要事項をご記入の上、出版元宛(株式会社協和企画)に郵送等で申請して下さい。

    ※メールによる申請はご遠慮下さい。

    ● ひとつの案件(制作物)につき1回の申請が必要です。

    ● 使用予定の図表等と完成予定のサンプルの出力(1部)、画像等を添付して下さい。

    ● 案件(制作物)には必ず出典を明示して下さい。

     転載許諾申請書

2)日本脳卒中学会および出版元が許諾の可否を審議し、許諾可の場合には許諾証を発行します。

3)営利利用の場合、許諾証とともに許諾費用の請求書を出版元が発行いたします。

4)許諾証発行後に二次利用が可能となります。


営利利用の許諾料(税込)

二次利用する点数 印刷部数 10,000部未満 印刷部数 10,000部以上
10点未満 324,000円 540,000円
10点以上 540,000円 756,000円

※Web、PPT、動画、講演会などデジタルコンテンツへの二次利用は10,000部以上とします。


申請・問合せ先

株式会社協和企画 内

日本脳卒中学会 脳卒中ガイドライン委員会 編集事務局

〒105-8320   東京都港区虎ノ門1-10-5 日土地虎ノ門ビル

※お問合せはメールにてお願いいたします。

mail


Q&A

Q1: 各項目の冒頭にある推奨グレードを二次利用する際は図表扱いとなるのでしょうか?

A1: 図表扱いとなります。

Q2: 推奨グレードをすべて掲載する必要はありますか?

A2: 必要な部分のみ利用することは可能ですが、その際は出典表記に必ず「~から一部抜粋」と記載して下さい。

Q3: 推奨グレードの文章を別途、表組などにして見やすくしてもいいですか?

A3: 見やすくすることは可能ですが、誤解を招く強調および原文の意図から逸脱しないように配慮して下さい。二次利用の可否は提出されたサンプルを拝見して判断します。出典には「~から作表」と記載して下さい。