脳卒中治療ガイドライン2015

6年ぶりの改訂 2015年6月25日発売



新規薬剤や治療機器の開発・導入を反映し管理・予防・治療の方法と

その選択を新たなエビデンスに基づき大きくアップデート

 6年ぶりの改訂となる本書は、従来からの項目については2009年版(~2007年4月)以降の2007年5月から2013年12月までの文献を、新規・変更項目については1992年以降(初版同様)の文献を検索し、さらに2014年1月以降の文献からも、委員会として妥当と判断した重要文献はハンドサーチ文献として採用した。

 その結果、2009年版で検索した1万件を遥かに凌ぐ、2万3,000件以上の文献から、本委員会のエビデンスレベル分類に従って採択し、推奨グレードを評価した。

 2015年版ではエビデンスレベル分類も改訂し、多くのガイドラインで採用されているOxford Centre for Evidence-Based Medicine(OCEBM)2011 Levels of Evidenceに従った。また、推奨文の表現により受ける印象が異ならないよう、同一グレードの推奨文は可能な限り同じ文言に統一した。

 このようにして2015年版は、より一層厳しいグレード評価とシステマティックな推奨文を実現した。


● 発売日 2015年6月25日

● 編集 日本脳卒中学会脳卒中ガイドライン委員会、小川 彰、出江紳一、片山泰朗、嘉山孝正、鈴木則宏

● 発行 株式会社協和企画

● 編集協力 一般財団法人国際医学情報センター(IMIC)

● ISBN 978-4-87794-169-7

● 予価 本体4,540円+税

● 判型 A4判、354ページ、アジロ無線綴じ

※ PDF版の配布は行いません。電子書籍版は準備中です。